案内

トラブルを回避する

被相続人に債務があったとしても、相続放棄をすれば債務を支払う義務はなくなる

会社

相続についての揉め事をよく耳にします。最近では相続問題が拗れ骨肉の争いにまで発展し、裁判になるケースも増えています。このような争い事に関わりたくないために、相続放棄をする人がいます。相続放棄をすれば、親の財産を相続する一切の権利を放棄することになるので、相続問題で手を焼くことはないのです。それ以外の理由で相続放棄をする人もいます。親は財産だけを残すとは限りません。財産を残さずに借金だけ残す場合もあります。そのような場合は相続放棄をすれば、親の借金を相続することはないのです。よく親が残した借金を親が死んだので子供が返している話しを聞いたりしますが、相続放棄をしてしまえば、親の借金など返済する必要はなくなるのです。

しっかりと理解しておく必要がある

親の財産を相続したくない場合は、相続放棄をすれば良いことになります。財産と言っても債権だけとは限りません。場合によっては、債権額よりも債務額の方が大きい場合もあります。その場合に相続を承認してしまうと、もらえるお金より支払わなければならないお金の方が多くなってしまい、逆に不利になってしまうのです。ですから明らかに債務額の方が債権額よりも額が大きいと分かる場合は、相続放棄をした方が得なのです。相続放棄は、被相続人が死亡して自分に相続の権利があることを知った時から3ヶ月以内に行わなければ相続を承認したものと見なされてしまいます。ここで注意するべきことは、単に被相続人が死亡した時とか被相続人が死亡したことを知った時からではないと言うことです。あくまで、被相続人が死亡し自分に相続の権利があることを知った時からなのです。中には、この辺りをごまかして借金の返済を迫ってくる消費者金融会社もあるのです。ですから相続放棄については、しっかりと理解しておく必要があると思います。

相続以外にも弁護士に相談出来るものとして刑事事件や会社設立、離婚の慰謝料問題など様々な内容が挙げられます。その他にも、債務整理なども取り扱っているのですが弁護士によって得意とする内容は異なってくるので事前に確認した上で相談すると良いでしょう。

法律の相談

契約

刑事事件の弁護士を依頼する際には、直接会って信頼できる人かどうか見極めていくことが必要になります。また、依頼を行なう際には基本的に最初に法律相談を行ない見積もりを出してもらいます。

読んでみよう

離婚の慰謝料請求

オフィス

離婚の慰謝料請求は、精神的な苦痛が発生した際に支払われるもので、全ての状況で支払われるというものではありません。早めに弁護士に相談を行なうことで、妥当な金額や慰謝料請求できるケースか知ることができす。

読んでみよう

借金の問題解決

仕事

債務整理は借金をなくすための法律的な手続きです。早めに相談することで、借金の返済の悩みを解決することができます。大阪には多くの相談できる所があるので、早めに相談することが問題解決につながります。

読んでみよう